◇ WordPress 「下書きをプレビューする権限がありません」と出たら…

WordPress[下書きをプレビューする権限がありません]と出たら…

[下書きをプレビューする権限がありません]と出たら…そのブラウザから下書きをプレビューする権限がないと言うことです。
まず[PHP]や各[プラグイン]の停止など色々小難しい事をやる前に、アナタが貼った[リンク]URL(アドレス)を確認して欲しい。
まずターゲットとなるページは開けるが、そこから内部リンクしているページに飛ぼうとすると[下書きをプレビューする権限がありません]と来た時、自分のパソコンでは開けるが自分のスマホで開けない時、意外と多いんですねこれ。
まず貼り付けた「リンクURL」を確認すると(http://abcde.xyz/2015/03/1/188/?preview_id=188&preview_nonce=6dd99b2f2a&preview=true)となっていませんか?これは内部リンクを貼る時「プレビュー」を見ながらそのURLをコピペして貼り付けた時に起きる事が多い…プレビューを見ながら編集していると偶にやるんですよね。大概ですが本当のアドレスは公開してあればプレビュー画面のURLではなく、公開してある方のURLを貼り付けましょう。上記の場合ですとhttp://abcde.xyz/2015/03/1/188/ までが通常公開URLです、パーマリンクのところにありますね。青い部分は要らなくて、ブラウザやIPアドレスが変わればプレビュー画面が開けないのは当たり前ですよね。これ、確認してからまた原因を探しましょう。

◇ 仕入れとか…

仕入れとか…

運営して行く上で重要課題の一つに[商品仕入れ]があります。
一番親しみやすいのは「アパレル関係」だと思います。
初めての方でも会員登録(無料)さえすれば小ロットからでも仕入れることが出来るサイトがあります。
ご存知のように誰でも買えるから、同じような商品を沢山の各販売店がヤフーショピングならヤフーで並べているので競合するには自ずと広告勝負、価格勝負となります。
それは当たり前ですが例えば、あなたが仕入れた先の卸し業者が、店名を変えてアナタと同じモール内に、同じ品物を並べている…こともある。
悍ましい話ですが、つまりアナタが楽天やヤフーとかでお店を出している、でもアナタの仕入れ先も同じ楽天やヤフーにお店を出して同じ物を売っているのです。
どちらが勝つか?明白ですよね、そしてここで重要なのは「卸販売をしているサイト」にはお客様からの「評価」を受け付けていません。 でもエンドユーザーを相手にする楽天などでは「評価やレビュー」があります。 ここまで云えば私が何を言いたくて、その卸業者がどう云う品物を私たちに売ろうとしているのか読んで戴いてる皆さんにはもうお分かりでしょう。
その通り、一級品は個別にモールで販売、チョット品の悪い二級品は免罪符を付けながら(評価がない一見さん専用の)卸し販売へ(全ての業者さんがそうだとは云いません、中にはそんな卸業者さんが存在する) 薄汚れがあるような商品、ホツレがあるような商品など平気で送ってきますからご注意です。
「中国生産(海外)だから日本並みのクオリティーは求めるな…」と卸業者の販売ページに記載しておいて免罪をくっつけて置くわけです、以前は無かったのですが最近目立つようになりました、注意です。

 

◇ ネットショップのワナたち

ネットで色々見ていると必ず目に付くのが、大手ショピングモールなどからの出店誘い広告です。
[目指せ月商1,000万円!]あるモールでは「初期費用数万円、月額システム料数万円、売れたら数%」月額の部分が半月とか年間まとめてだから、数十万円の出費となります。
50万円を超えるところもあるにはある…と云うのが現状です。
この記事は、何となく軽~くショップとか考えている方やショップはやってみたものの…「何となく行き詰まり」を感じている方とかに読んで戴けると良いんじゃないかな?…と思って書き始めました。
ボクの失敗談を記述しておきますので、参考になれば幸いと思います。
まずトッパジメに1,000万円の売上ですが、それは無理どころか5万円も無理でしょうね。
残念ですが1000万円売るためには簡単ですが2,000万円のマンションを仕入れて1,000万円で売れれば、売上1,000万円ですね。
極端な例え話ですが実際にこれのミニチュアみたいなことを続けながら、運営して行かなければ売上は望めません。
普通500円で仕入れたアクセサリーを1,000円で売れれば誰も苦労しません、1,000円ならどこでも販売しているんですね。ですからライバル店は800円で売ろうとするわけです、一店舗だけではありませんボクやアナタみたいな個人で営業している販売店が無数にあるわけです。
500円で仕入れたものを800円で売ったら販売個数にもよりますが利益どころか赤字でしょう、しかしここで前記した2,000万円で仕入れた物を1,000万円で売る…みたいなことが現実化するわけです。
それはお客さまに沢山のレビューを貰うため500円で仕入れたものを250円で可能な限り売るという行為なのです。
ある一定の[店舗の信用]と[商品のレビュー]の獲得は最低限必要なわけです。
それは良く大手モール[A]でやっている事ですね、売れればモール内の検索順位が上がる、上がればより目に止まりやすい、云わば広告費みたいなものですね。
特に失敗談やナルホドねなんて思った事を優先的に書いて行きますので、宜しくお付き合い下さい。